お店の努力と工夫を巡る!飲み歩きTicoTours!

サブページ画像

ランチ帯をメインとした飲食店のレイアウト

飲食店を開業するにあたって、店内のレイアウトを考えることは、お客様の流れや、お料理を提供するスタッフたちの動きや、業務の動線などを事細かく考えていかなくてはならないでしょう。
お客様が着席するテーブルの位置なども重要なテーマの1つになります。テーブル席の他に、カウンターを設けるのかどうか、メニューブックはテーブルのどの位置に配置するべきかなど、様々な細かい打ち合わせが、必要となってきます。
ランチ帯にサラリーマンやOLで、混み合うような立地に対応するような場合は、やはり、何よりもたくさんのお客様が、短時間のランチ代に訪れることが想定され事から、お客様が相席などになった場合、お互いの空間を心地よく保つことができるのかどうかなどといったような、お店側の配慮が、レイアウトに現れていると、とても良いお店だなというようなイメージをお客様が持たれるでしょう。
一人で、お店に立ち寄るお客様が、心地よくお食事をしていただけるようなレイアウトを考えることはラ、ンチタイムをメインに考えた飲食店の開業に向けて、重要なポイントとなってくるのではないでしょうか。

2020-07-15/ランチ帯をメインとした飲食店のレイアウト

新着記事

2020-07-15飲食店のレイアウト

TOP