お店の努力と工夫を巡る!飲み歩きTicoTours!

サブページ画像

ラーメン店の餃子の品質を考える

ラーメン店によっては、サイドメニューとしての餃子が大人気店であるケースもありますよね。
美味しいくて安い餃子があるお店では、アルコールを飲まれる方がいらっしゃいますので、どうしても席の回転率を考えますと店主にとっては不利となりがちではあるのですが、実際にはアルコールをたくさん頼んでくれるお客様からの利益率は、高いとも言われておりますので、お店にとっての完全なる不利益という状況ではないのかもしれません。 行列のできるお店などですと、どうしてもお客様の待ち時間が長時間化してしまいますので、ラーメン以外のサイドメニューが、美味しいお店というのは考え方によっては、店の利益をもたらさない可能性も考えられます。
皆さんが普段から通われている地元のラーメン店の餃子が、あまり美味しくないと感じているケースの場合も、もしかしたら店主は、本来は美味しい餃子を作れるにも関わらず、わざと餃子を絶品には仕上げてないのかもしれません。餃子があまりにも美味しいとそこでお客様が餃子を酒の肴に長居されてしまう可能性もありますので、お店の経営とは面白いもので、ただ単に美味しいものだけを作っていれば売上が伸びるというわけではないのかもしれませんね。

2021-01-06/ラーメン店の餃子の品質を考える

TOP