お店の努力と工夫を巡る!飲み歩きTicoTours!

サブページ画像

料理が美味しく見える秘訣は照明

皆さんが、飲食店を開業したいと考える際には、どんなお店のイメージが頭に浮かんでいらっしゃいますか?
「暗がりの中、ムーディーな雰囲気とともに、お酒を提供するお店」、「地域の人々が、気軽に足を踏み入れるような喫茶店」、「出前やテイクアウトなども行う街の中華屋さん」など、様々な店舗の顔が思い浮かぶのではないでしょうか。お店の雰囲気作りとして大変重要な鍵を握っている要素の中に、照明の使い方などがあります。
皆さんが思い浮かべるお店のイメージによって、使い分ける証明のあり方という照明のレイアウトは、お酒を提供することがメインであれば、ある程度の照明の照度を絞った形で、店内を照らす間接照明などが良いのではないでしょうか。
逆に、ファミリーなどの家族連れのお客様を迎え入れるようなお店であれば、店内は明るいイメージの直接照明が良いでしょう。
店内は、明るければ明るいほど良いというわけではありません。その光の当て方や、照明の暖かみや明るさの具合で、お料理の見栄えや、味にさえも影響が出てくるなどとも言われています。
飲食店を訪れるお客様は、皆さんがご提供するお料理の味だけを、味わっているのではなく、お料理の見栄えも同時に味わっていると考えてみましょう。
飲食店のメニューブックに並ぶ、お料理の写真が常に美味しそうに見えるのは、その照明の当て方のテクニックかもしれませんね。
メニューブックなどは、プロのカメラマンや証明さんが、そのお料理の魅力を引き出しているので、美味しそうに見えている秘訣があるのだそうです。

新着記事

2020-07-15飲食店のレイアウト

TOP